Kitsuneme

フェルマータ

作曲 / Kitsuneme
作詞 / 紫翠 (Shisui)
翻訳 / Yuto Kurosaka

蜃気楼は夜つゆとなり
だれかととう
こごえたピアノ寂しささえ

光はヴィオラ
そのアルタード
沈んだベッドでテンポがわるい
音をうつしあって

いつまでも夢を見ていて
この世界はフェルマータ
あなたが目を覚ますまえに
描きたいこと

だれにも擬らせないで
だれにも触れないで
だれにも愛されないで
二人だけ

感覚器は夜つゆとなり
寂しさをとう
ひずんだピアノ灰色さえ

陰りはチューバ
またアルタード
沈んだベッドでテンポがかるい
音はすきとおって

鏡のなか
まわりつづけるあなたとが
Becomes a memory

深紅すぎて
エンドピンまでも
光戻せないメロディー
薊のよう

少しだけ夢を見させて
この世界はフェルマータ
あなたが目を覚ますまえに
描きたいこと

だれにも擬らせないで
だれにも触れないで
だれにも愛されないで
僕だけに

いつまでも夢を見ていて
終わりはないフェルマータ
二人が目を閉じるまでに
描いてたこと

だれにも擬らせないで
だれにも触れないで
だれにも愛されないで
二人だけ


The mirage is the night dew
Some asks
even the loneliness of the frozen piano

The light is viola
that altered
Bad tempo due to the sinked bed
Mirroring sound each other

Keep dreaming
This world is fermata
Before you are awake
What I want to draw

Don’t let anyone trace it
Don’t touch anyone
Not being loved by anyone
Just two of us

The sense organ become the night dew
Questions the loneliness
even the grey color of a deformed piano

Shadow is tuba
Again altered
Light tempo due to the sinked bed
Sound become crystal clear

In the mirror
You and me. Circling around
become a memory

Too cardinal
Even the end pins
A melody that cannot bring back the light
Like a thistle

Let me dream a little
This world is fermata
Before you are awake
what I want to draw

Don’t let anyone scrape it
Don’t touch anyone
Not being loved by anyone
Just for me

Keep dreaming
Endless fermata
Until we close eyes
what I have been drawing

Don’t let anyone scrape it
Don’t touch anyone
Not being loved by anyone
Just two of us