Kitsuneme

フェルマータ

歌手 / Kitsuneme
作曲 / Kitsuneme
作詞 / 紫翠 (Shisui)

蜃気楼は夜つゆとなり
だれかととう
こごえたピアノ寂しささえ

光はヴィオラ
そのアルタード
沈んだベッドでテンポがわるい
音をうつしあって

いつまでも夢を見ていて
この世界はフェルマータ
あなたが目を覚ますまえに
描きたいこと

だれにも擬らせないで
だれにも触れないで
だれにも愛されないで
二人だけ

感覚器は夜つゆとなり
寂しさをとう
ひずんだピアノ灰色さえ

陰りはチューバ
またアルタード
沈んだベッドでテンポがかるい
音はすきとおって

鏡のなか
まわりつづけるあなたとが
Becomes a memory

深紅すぎて
エンドピンまでも
光戻せないメロディー
薊のよう

少しだけ夢を見させて
この世界はフェルマータ
あなたが目を覚ますまえに
描きたいこと

だれにも擬らせないで
だれにも触れないで
だれにも愛されないで
僕だけに

いつまでも夢を見ていて
終わりはないフェルマータ
二人が目を閉じるまでに
描いてたこと

だれにも擬らせないで
だれにも触れないで
だれにも愛されないで
二人だけ